Skip to content

翻訳サービスはあまり使わないほうがいいのです

翻訳サービスというのは恐ろしいくらい便利ですよね、しかし翻訳をしているのは人間ではなく機械です。

そもそも言語というのはお互いの意思疎通のために使われる言わばコミュニケーションの道具なのです。

翻訳がなぜで出来たかというと、違う文化の人々がお互いにコミュニケーションを取ろうとした時に言語が違うのでどう伝えればいいか分からないからですよね。

お互いの言語を知っていればコミュニケーションをとることは簡単にできます。しかし文化はそれぞれの地域で違うものなのでお互いの言語が通じないのは仕方がないことです。

でも翻訳サービスで本当にお互いの言いたいことが伝わるのでしょうか。コミュニケーションにとって最も大切なのはジェスチャーです。人間というのは言葉よりもジェスチャーの方が情報が多く詰まっている場合が多いです。

けれども翻訳サービスに任せてジェスチャーは相手に伝わるでしょうか。伝わるわけないですよね、お互いの意思をしっかり伝えたかったら翻訳サービスは使わずにしっかりお互い同士でコミュニケーションをとって会話をしましょう。

最近の翻訳サービスは便利なもので海外では顔の表情まで読み取って正確に判断するサービスも出て来ているのです。

これは時代の進化で人間が生み出した最強の異文化コミュ人ケーション装置ですよね。これはここまでしないとしっかりした翻訳は出来ないということなので、今のところはまだ翻訳は使わないでお互いのジェスチャーで意思疎通をしっかりしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *